元気もキレイも!夏に食べるべき韓国の鍋料理とは?

元気もキレイも!夏に食べるべき韓国の鍋料理とは?

 

ぐつぐつ煮立つ参鶏湯の画像

暑い時にはあつ~いものを食べて暑気払い!なんてのもいいですよね。

日本にもあるように、韓国でも独自の暑気払いがあるのだとか。
今回はそのことについてご紹介します。

暑いときほど熱いもの。元気もキレイも貰えちゃう!

韓国には「伏日(ポンナル)」といって、暑気払いで滋養食を食べる日があります。
日本でいう「土用の丑の日」です。

伏日は毎年7月から8月にかけて全部で3日あり、それぞれ初伏(チョボッ)、中伏(チュンボッ)、末伏(マルボッ)と呼ばれ、3回の伏日を合わせて三伏(サムボッ)といいます。

土用の丑の日にはウナギを食べますが、伏日には参鶏湯(サムゲタン)を食べます。

参鶏湯は、若鶏にもち米や高麗人参、ナツメや銀杏などを詰めて煮込んだ料理。
暑い時に熱い料理を食べるのが韓国流です。

滋養強壮や疲労回復のほか、美肌効果やアンチエイジング、冷え性にも効果があり、
女性にとっては嬉しい料理です。

韓国で行きたい参鶏湯のお店!

参鶏湯の超有名店といえば、「土俗村」です。

伝統家屋の韓屋を改装した趣ある店内でいただく参鶏湯は、鶏肉は柔らかく、スープが濃厚。
朝鮮人参の風味もしっかり感じられ、ナツメや松の実、ニンニクや銀杏など具だくさん、栄養満点の参鶏湯です。

地下鉄3号線の景福宮駅から徒歩3分なので、観光の帰りに立ち寄るのも良いかもしれません。

夏休みに韓国へ行かれる方は、おいしい参鶏湯を食べて、夏の元気とキレイを手に入れてみてはいかがでしょうか。

※2015年8月8日時点の情報です。

この記事が気に入ったらいいね︕しよう
最新情報をお届けします
WiFiレンタル予約