タイのピリ辛グルメ!屋台でも楽しめるイサーン料理

タイのピリ辛グルメ!屋台でも楽しめるイサーン料理

イサーン名物サイクロンイサーン

最近は日本にもタイ料理のお店が増えてきました。 確かにおいしいのだけど、日本向けになったものばかりのイメージ。 あまり日本では見たことがない本場のタイ料理って、いったいどんなものなのでしょうか。

辛味と酸味がくせになる、イサーン名物サイクロンイサーン

イサーンとは東北という意味を持っており、イサーン料理とはタイ東北地方の郷土料理のことを指します。

タイ料理の中でも特に辛味が強いことで有名で、辛い料理が好きな方におすすめ。

中でも、イサーン風ソーセージのサイクロンイサーンは一度食べるとやみつきになる一品。

豚肉のミンチ、麹発酵させた米、香辛料の3つ腸詰めにして、炭火で焼くだけというシンプルな料理。

発酵した米の酸味と、香辛料の辛味、豚肉の旨みが混ざり合い、お酒のアテに最高です。

イサーン料理にチャレンジする際には、絶対に食べていただきたいグルメです。

豊かな味わいと酸味が美味しいイサーン鍋料理

イサーン鍋料理 チムチュム

タイにあるさまざまな料理の中でも、豊かな味わいが魅力のイサーン鍋、チムチュム。

ナンプラー、レモングラス、トウガラシ、コリアンダーの根、レモングラスなど、さまざまなハーブと香辛料で取った酸味の効いたピリ辛出汁に、空芯菜やキャベツ、牛肉、ホルモンを入れていただきます。

鮮烈なハーブの香りと酸味、肉の旨みが溶け出したコクのある味わいが特徴で、食べ進める内に虜になってしまうこと間違いなし。

タイを訪れた際には、トムヤムクンやパッタイなどのスタンダードなタイ料理以外にも、サイクロンイサーンやチムチュムのようなイサーン料理にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね︕しよう
最新情報をお届けします
WiFiレンタル予約