4GのWiFiルーターなのに、なぜ2G!?

4GのWiFiルーターなのに、なぜ2G!?

 

各地にあるWiFiスポットの画像

4Gの海外用WiFiルーターをレンタルしたにも関わらず、使用した際に2Gの表示ランプがついていたことがありませんか?

それにはこんな訳があったんです。

現在、鋭意エリア拡大中

実は4GのWiFiルーターといっても、常に4Gの回線を保証しているわけではありません。

4Gのような新しい方式は、初めは都市のごく一部からサービスの提供を開始されることが多いです。
でも、通信エリアが狭いと使う際に不便です。

そのため、4Gが使えない場所では3Gや2Gに自動的に切り替えて、エリアが狭くなるのをカバーしています。
なので前述のとおり、4G商品は全部の通信を4Gで保証しているという意味ではありません。

ドコモの高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」で言うと、Xi対応機種は、FOMAのみのエリアに入ると自動的にFOMAに切り替わります。

世界のネットワークでは、もっと古い2Gが混在している国もまだあるため、4GのWiFiでも2Gに繋がることがあるのです。

高速データ通信といっても、場所によって使えないのでは意味がありません。
そのための仕組みです。

※2012年10月18日配信時点の情報です。

この記事が気に入ったらいいね︕しよう
最新情報をお届けします
WiFiレンタル予約