今さら聞けない、モバイルバッテリーの機内持ち込みについて

今さら聞けない、モバイルバッテリーの機内持ち込みについて

旅行準備の荷物

今や旅行にモバイルバッテリーは必需品になりました。 スマートフォンのバッテリーがなくなっても、充電すれば一安心。 でも、使われている電池って持ち込み大丈夫かな…? と思った方、もしかしたらそんなに心配しなくていいかも。

輸送は禁止?でも、これを守れば大丈夫?

スマートフォンやモバイルバッテリーに内蔵されているリチウムイオン電池について、ICAO(国際民間航空機関)は、旅客機での輸送を2016年4月1日から禁止しました。

海外出張時にスマートフォンやモバイルバッテリーを持って行けないの?と思われた方、安心してください。

貨物としては禁止されましたが乗客・乗務員が携行する荷物はルールを守れば大丈夫です。

個人で使用する端末は問題ありません。

ただし、海外旅行でスマートフォンやWiFiルーターを持って行く際は、スーツケース等での“預け荷物”ではなく、“手荷物”にすることをお勧めします。

特にモバイルバッテリーは、国土交通省で規定する「リチウムイオン電池を使用した予備バッテリー」に該当するため、預け入れすることができません。

必ず航空機客席に持ち込む手荷物の中に入れてくださいますようお願いいたします。

さらに、端子がショートしないようビニール袋などで保護した上でチェックイン時にカウンターで申し出るようにすると安心です。

スマートフォンやWiFiルーター、その他当社が提供するオプション商品については、国土交通省の規定には該当しませんが、商品が精密機械であるという性質上、

衝撃や気温・気圧の急激な変化に弱いため、こちらもなるべく預け入れではなく、航空機内客席にお持ち込みくださいますようお願いいたします。

ICAOの措置により、リチウムイオン電池の持ち込み自体に規制がかかることは当面無いようですが、預け荷物の検査はより厳しくなると思われます。

航空会社や担当者によって扱いに差がある場合もあります。

事故を未然に防ぐためにも、“手荷物”で持って行くことをご留意ください。

手荷物の取り扱いは各航空会社によって異なりますので、旅行前に事前にご確認いただくことをお勧めいたします。

以下に、ANAとJALの国際線手荷物に関する説明ページをご紹介いたします。

ANA「手荷物[国際線]」
http://www.ana.co.jp/international/prepare/baggage/index.html?menu=limit03

JAL「空港・チェックイン お手荷物について」
http://www.jal.co.jp/inter/baggage/inflight/

※2013年5月23日配信内容を更新(2016年12月8日)

この記事が気に入ったらいいね︕しよう
最新情報をお届けします
WiFiレンタル予約