世界遺産数ベスト3の国スペイン

世界遺産数ベスト3の国スペイン

サグラダ・ファミリアの全景

世界遺産の登録数がイタリア、中国に続いて第3位のスペイン。 見て回る順番をどうしよう、と考えるほどに見どころが数多くあります。 今回は、そんなスペインの観光スポットをご紹介します。

独創的なデザインに心奪われる軌跡

まずは、スペインを代表するアントニ・ガウディの建築。

バルセロナには、かの有名なサグラダ・ファミリア、カサ・バトリョ、カサ・ミラ、グエル公園などがあり、ガウディの足跡をたどることができます。

バルセロナの象徴ともいえるサグラダ・ファミリアは、中に入ってみると、重厚な外観からは想像もつかないような光に満ちた空間になっています。

やさしい乳白色の壁に、パステルカラーのステンドグラスの色があふれ、葡萄の蔓に囲まれたキリスト像がまさに今、天から降りてきているように配置されています。

サグラダ・ファミリア 幻想的な内装

おススメの撮影スポットは裏手の池。

天気がよく、風が無ければ、逆さ富士ならぬ逆さサグラダ・ファミリアが見られます。

1882年より着工しているサグラダ・ファミリアは、完成までに300年かかるだろうと言われていましたが、技術の向上により大幅に工期を短縮し、現在は2026年に完成予定となっています。

生きているうちに完成した教会を見られるとしたら、もし一度行ったことがあったとしても、またぜひ訪れたいですね。

裏手の池側からのサグラダ・ファミリア

イスラム建築の最高傑作!?

次に、グラナダにあるイスラム建築の傑作として有名なアルハンブラ宮殿。

敷地が広く、半日あっても時間が足りないほどです。

エリアの見学時間があらかじめ決められているため、配分を考えて回る必要がありますので、ご注意を。

タイル装飾や、天井、柱などの精巧な細工が見事です。

12頭のライオンの石像がぐるりと囲む噴水がある「獅子の中庭」が特に有名です。

アルハンブラ宮殿の全景

洗練されたムデハル様式の豪華な宮殿!

もう一つ見ていただきたい宮殿が、セビリアにあるアルカサルです。

アルハンブラ宮殿を模倣して作られたもので、アルハンブラ宮殿が「遺跡」という感じに対し、こちらは後の時代の建築なので、当時の面影を色濃く残しています。

タイルの模様もより一層鮮やかです。

アルカサル宮殿の全景画像

多様な建築様式を見て楽しめる、幻想的なメスキータ

最後はコルドバをご紹介します。

こぢんまりとした地方都市で1日あれば回れてしまうのですが、花の小道やメスキータがあり、もし機会があれば寄っていただきたい土地です。

メスキータは、イスラム教のモスクとキリスト教の聖堂が同じ空間にある、世界的に稀な建築です。

メスキータの画像

スペインはどこに行くか迷ってしまうほど。

ただ、どの街も魅力的なので、何度でも訪れたくなる国です。

この記事が気に入ったらいいね︕しよう
最新情報をお届けします
WiFiレンタル予約